FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

頭と喉は黒く、背と腹が赤茶色した特長的な色を身にまとい
平地から山地の林等に住むヤマガラは
スズメ目シジュウガラ科シジュウガラ属の小鳥で
北海道を除いた日本のほぼ全国に留鳥として分布、繁殖し
樹高が高く良く茂った常緑広葉樹林を好み
主に樹林の上の方で住み、木の枝を移動しながら
葉の繁みにいる昆虫等を捉えて食べたり
堅い木の実等を足を使って、挟んで割り食べて生活している


また1980年頃迄には、この小鳥に神社の境内等で
おみくじを引かせる芸が見られたと云われているが
鳥獣保護法の制定による捕獲の禁止や
自然保護運動の高まりから、次第にこの光景も姿を消し
現在では見る事が出来なくなってしまっている


このヤマガラが、先回オシドリを見に訪れた松尾池で見られ
手のひらに、ヒマワリの種を乗せて暫く待っていると
何処からか、近くの木の枝にヤマガラが飛んで来て
枝の間から辺りを警戒しながら、様子を見ていて
安全だと思ったら、素早く飛んで来て手の上に止まり
ひまわりの種を銜え、また素早く樹の中へ飛び去る光景が見られた


この様子をカメラに収めようと試みたが
ヤマガラの行動が突然で、しかも素早いので
思うようには、上手く写す事が出来なかった

  



 画像の上でクリックするとチェンジします(画像5枚)
(トランジションのソースはどんぐりと山猫さまからお借りしました)
<<
2010.12.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→https://3419mtrym.blog.fc2.com/tb.php/516-90bcba3e