FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

空き地で咲いていたムラサキハナナの花



中国原産で江戸時代に日本へやって来たと云われている
アブラナ科の一年草であるムラサキハナナは
大根の葉に似て、茎の高さは30~50cm位になり
3月~5月にかけて茎の上にまばらな総状花序を出し
アブラナ科特有の十字形をした、紫色の4片花を咲かせる
今年も3月に入ってから、この花が見られる様になってきた


今では、こぼれた種から芽が出て、半野生化してしまい
空き地や土手等で、雑草となって咲いている姿を見る事が出来る
また、中国では三国志で有名な諸葛孔明にちなみ
このムラサキハナナを諸葛菜(ショカッサイ)と呼んでいるらしい


2010.03.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→https://3419mtrym.blog.fc2.com/tb.php/290-d6bb2c14