FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・



・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像2枚)・・・


二十四節気の一つ「立秋」は秋が立つと書く様に、暦の上では既に「秋の季節」に入り
少しずつ涼しくなって、秋の気配が漂いだす
と云われていますが
まだまだかなり暑い日が続き、今年は新型コロナウイルス感染症が
国内でもまだ終息を迎えずに、第2波を迎えて拡大傾向が続いていますので
猛暑の中でも、外出時にはマスクをかけなくてはいけないので厳しい夏を迎え
「立秋」以降の暑さを「残暑」と手紙等で書きますが、その「残暑」が厳しかった
昨日の夕方に自宅の庭に植えて在ります柿の木の根もとで
「アブラセミ」が、まさに羽化し終えたと思える姿を見つけました

「セミ」達は長い間土の中で幼虫として生きていて、夏に成ると成長したものから
順番に地上へ出て来て羽化を始めて、成虫へと成っていきますが
この羽化の時が、「セミ」達にとっては一番敵に襲われる危険性が高いので
夜にひっそりと行わるれのが普通なので、「セミ」が羽化をしている姿を見る事は
難しいと云われていますが、公園等で「セミ」の抜け殻が樹木に
沢山付いているのを見かける事も有って、セミ達は案外我々の身近な所で
羽化をしている様に思われ、「アブラゼミ」の羽化の場合には地上へと出て来た幼虫が
あちこち歩きながら羽化をする場所を選び、場所が決まるとしばらくじっとしていて
やがて背中の中央に縦の裂け目が出来て、そこから成虫の背中や頭が出て来て
次には前足を出して反り返りながら後ろ足を出すものの、まだ新しい足が
しっかりしていない為に10分位このままの姿勢で過ごして、足がしっかりしてくると
腹に力を入れて起き直り、残ったお腹の部分を殻から抜き出して
抜け出ると羽根が少しずつ伸びて10分程で広がりますが、この時点では
羽根の模様はまだはっきりしていなくて、このまま朝迄じっとして
明るくなると飛んで行ってしまうと云われていますが、小生が見たのは
まさに殻から抜け出て、羽根が少しずつ伸び始めている状態で
珍しい姿を偶然見ましたので、その姿をカメラに収めた次第です


・・・「セミ」の羽化の記述に付きましては、「Wikipedia」様のHPを参考にさせて頂きました。・・・



2020.08.15 / Top↑
Secret