FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

西と東日本では花の色が違うゲンノショウコ

・・・ 画像のアニメはGIFアニメを使って作成しました ありがとうございました ・・・


フウロソウ科の多年草であるゲンノショウコは
北海道から九州の山地や山野で姿を見ることが出来るが
西日本地方では花の色が紅赤色、東日本では白紫色と
地域によって花の色が異なっており、夏の季節に5弁の小さな花が咲く


先日訪れた河川環境楽園内木曽川水園の散歩道脇で
偶然に、この紅赤色と白紫色の二つの花を近い場所で見る事が出来た
丁度この辺りは、紅赤色と白紫色の共生地なのだろうか


ゲンノショウコはドクダミ、センブリ等と共に
日本の民間薬の代表的なもので
タンニン、ケルセチンが含まれている根、茎、葉、花等を煎じて飲むと
下痢止め、便秘等に効能があって胃薬として
江戸時代の頃から用いられており
これを服用すると、たちまち効き目が現れる事から
現之証拠という名前が付けられたと云われている

2009.09.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→https://3419mtrym.blog.fc2.com/tb.php/112-d54b4306