FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

キンミズヒキの花

昨日紹介したミズヒキとは別の種類で
バラ科キンミズヒキ属の多年草『キンミズヒキ』を本日紹介します


初秋の頃、この花は自然豊かな山野や道端等で
花径6~10mm位の黄色い花を、花序の下から上へ次々と咲かせ
ミズヒキが咲いていた近くの場所で、この花の姿を見る事が出来た


金箔色の水引や元結の事を「金水引」と言い
花の形がこれに似ている事から命名されたと云われている


花が咲き終わった後、径2~4?位で硬いカギ状で
毛が多数有る実が出来、小動物や人の衣服等にくっついて
他所へ運ばれ、別名「ひっつきぐさ」とも云われている
また、漢方では、タンニンを多く含むので
下痢止め等の薬草になっている


2009.09.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→https://3419mtrym.blog.fc2.com/tb.php/100-d56c907f