FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

4月頃から8月にかけて、茎の先に円錐形の花柄を出し
まばらに金色をした小判のような実を付ける
コバンソウはヨーロッパ原産イネ科の一年草で
先日訪れた公園内の散歩道脇でひっそりと咲いていた


コバンソウは、明治時代に観賞用植物として渡来したが
その後野生化して、今では道路脇や荒地等で
黄褐色した光沢のある小判の様な姿が見られ
ドライフラワーの素材として利用されているらしい



    画像の上にマウスONすると大きくなります
      ( トランジションのソースは熊子さまからお借りしました )
<
          
       <
                  
             <















2010.06.02 / Top↑