FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・


・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像3枚)・・・


日本へは明治時代の初め頃に、観賞用として渡来したものの
現在では逸脱して、ほぼ野生化している和名の「ハゼラン(別名:サンジソウ)」は
熱帯アメリカ原産・スベリヒユ科ハゼラン属の多年草で、7月~10月頃に成ると
花径を30cm位迄伸ばし、疎らに分岐した花径の先に円錐花序を出して
その先端に径5㎜位のピンク色で5弁の小花を、あたかも正確な時計を持っているかの様に
毎日午後3時頃に成ると花を咲かせ、花はその日の夜間には閉じてしまう1日花で有り
開花後には結実し、この2mm程の丸い実の中には黒い種が10個位入っており
「ハゼラン(爆蘭)」の名前の由来は、蕾が爆ぜる様に咲く蘭の様な花とか
丸い蕾の状態が線香花火を連想させる等、諸説が有ると云われていますが
小生にとっては、午後3時頃に咲くので「サンジカ(三時花)」とか
「サンジソウ(三時草)」とか呼ばれている別名の方が分かり易すいと思えて
また「太陽の陽が当たってから・・・」とか、「暗くなってから・・・」花が咲くと云うと
何となく分かる様な気がするのですが、「夏から秋の季節の午後3時頃から・・・」と云う
中途半端な時間に花を咲かせる「ハゼラン」は、正確な生物時計を持っていると
考えられる植物で有り、小生宅の庭では今年もこぼれ種から「ハゼラン」が数株育ち
例年より遅い8月上旬過ぎ頃から花が咲き始めて、現在では9月の風に吹かれて
長く伸びた花茎を揺らしながら、ピンク色をした小さな花を咲かせています


・・・「ハゼラン」の記述に付きましては、「四季の山野草」様のHPを参考にさせて頂きました。・・・



2020.09.04 / Top↑


・・・画像のアニメは、、「Giam」を使って作成しました。(画像12枚)・・・


今年も「梅雨」のシーズンを迎えて、雷が発生したり雨が降ったりして
うっとおしい日が続いていましたが、先週末から雨が降らない日が続き
本日は曇り空ながら時々太陽が顔を出して、雨が降らなかったので
朝食後に畑へ様子を見に行くと、風に依って運ばれて畑の隅に根付いたと思われる
「ヒマワリ」に花姿が良く似た黄色い花が、咲き始めているのに気が付き
この黄色い花を咲かせているのは、北アメリカ原産・キク科の「ルドベキア」で
日本へ渡来したのは明治時代の中頃と云われ、その頃は主に切り花として利用され
真夏の炎天下でも花を咲かせる気丈な植物なので、切り花はもとより鉢花や夏花壇
品種によっては、地面を覆うグラウンドカバーとしても利用されていて
一株でもよく枝分かれして、鮮やかな黄色の花を多く咲かせる様子は
遠目からでもよく目立ち、主な開花期は夏から秋の季節にかけてと云われていますが
早いものでは梅雨の頃から花を咲かせ、基本の花色はオレンジ色や黄色なので
色幅自体はさほど多くは無いものの、単色以外にも中心付近がえんじ色で
周りが黄色に成った2色咲きの品種や、小輪種、大輪種、一重咲き、八重咲き等も有って
これらを合わせるとこの「ルドベキア」の花姿は、バラエティーに富んでいると云われ
数種類の「ルドベキア」の黄色い花が、小生の畑でも咲き始めていました


・・・「ルドべキア」の記述に付きましては、「Wikipedia」様のHPを参考にさせて頂きました。・・・




2020.06.22 / Top↑